• カテゴリートップ
  • ベアリング
  • ステアリング
  • 金型設計/制作

BUSINESS

BERING

中・大型軸受を中心に、熱間鍛造、冷間転造、旋削加工まで、
一貫体制で行っています。
ベアリングの用途は実に多岐・多彩。自動車を例にとれば、重要保管部品をはじめ機能補助部品として、大小合わせて通常100個以上ベアリングが使われています。また、”環境にやさしい製造技術”として、低騒音、高耐久、省エネルギーへの対応など、さらにハイレベルなものが要求されています。光洋メタルテックでは、ベアリング製造の豊富な経験と最新技術を駆使して、熱間鍛造品、冷間転造品、旋削加工品にいたるまで、一貫体制のもとで高精度・高品位な製品をご提供しています。

自社製品

熱間鍛造、冷間転造、旋削加工による軸受部品

ハブユニット、自動車部品

自動車用軸受への使用例

工作機械用軸受・航空機用軸受への使用例

ページトップへ

設備

最新設備と柔軟な発想が物語る生産力。
豊かな経験と技術力で、ニーズに即応します。

当社では熱間プレスローリングラインをはじめ、中型軸受の熱間鍛造品をワンラインで加工できる3000ton、2500ton、1600tonトランスファープレスを配備。
ビレット切断から加熱、プレス、焼鈍、ショットブラストさらには円錐ころ軸受、玉軸受、ハブユニット軸受の内外輪の旋削、転造、検査・出荷・納品にいたるまで、一貫した生産システムを構築しています。
異形品・特殊品の製作にも柔軟に対応でき、豊富な経験に培われた当社の専門スタッフが最新鋭の設備機器を十二分に活かして、設計・開発から迅速確実に対応します。

1600tonトランスファーライン

多ステーションをもつ大型プレスライン。一度に成形でき、スピーディーな生産ができます。

2500tonトランスファーライン

多品種及び、異形品にも柔軟に対応する先進のラインです

3000tonトランスファーライン

1600ton、2500tonでの金型を共用化できる複合ラインです。

熱間プレスロボット

無人化ラインを展開し、最新鋭ロボットにより、熱間ビレットをプレスし、安定した品質、作業性を確立しています。

熱間ローリングロボット

最新鋭ロボットにより、鍛造ブランクを回転させ正確な圧延成形を行い、より完成品形状に近づけます。

連続焼鈍炉

軸受鋼の金属組織の安定と切削工程の効率アップの為の焼きなましを行います。

HUB旋削焼入

旋削と焼入・焼戻し工程を直結させた、外輪、内軸ラインです。

テーパーローラベアリング内輪・外輪ライン

粗旋削から仕上げ旋削まで自動化された設備で一貫ラインとしています。

ボールベアリング冷間転造旋削ライン

冷間ローリングにより旋削工程を少なくし、高い材料歩留、高品質の玉軸受内輪・外輪の加工ラインです。

ページトップへ

加工設備

工 程 ラ イ ン 名  ライン数 加 工 範 囲
外径寸法(mm) 巾寸法(mm) 重量(kg)
熱 間 鍛 造 トランスファープレス 3 φ80〜170 30〜70 1.0〜3.8
熱間プレスローリング 12 φ80〜350 16〜70 0.4〜6.5
熱間フォージング 1 φ60〜100 15〜45 0.3〜1.5
冷 間 転 造 冷間ローリング 1 φ50〜180 10〜80 0.2〜4.0
熱 処 理 焼鈍 4 処理能力 2,300t/月
表 面 処 理 ショット 4 処理能力 2,400t/月
旋削熱処理 ハブ旋削熱処理 5 処理能力 180千pcs/月
旋   削 テーパーローラベアリング 29 内輪内径寸法(mm) 外輪外径寸法(mm)
φ35〜90 φ70〜160
ボールベアリング 32 φ35〜65 φ72〜140
NC旋盤 28 φ70〜260

ページトップへ